古今東北
山形県鶴岡市温海地区産

パリッと焼畑あつみかぶ

惣菜・ごはんのお供
新発売商品
作り手
株式会社マルハチ
生産地
山形県
購入方法
*2022年12月発売予定
・店舗&宅配

  • 商品をシェア
  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

あつみかぶは、山形県温海地域の主に山間地域で栽培されているカブで、江戸時代から栽培が行われてる伝統野菜です。皮が薄く、外皮は暗紫色、果肉は純白なのが特徴です。
あつみかぶの甘酢漬けは宮城・山形エリアを中心にお漬物のロングセラー商品として親しまれています。パリッとした食感と甘酢っぱさ、ほのかな辛味があり、漬物に加工されると全体がピンク色になります。


作り手の物語

  • 伝統の焼畑農業

    「あつみかぶ」は山林の伐採跡などで焼畑農法を用いて栽培され、主に甘酢漬けに加工されます。
    焼畑は山林伐採あとの斜面の下草を7月に刈り取り、8月の旧盆あたりに斜面全体に火を入れます。まだ熱が残るうちに種をまき、9月下旬から2月までが収穫期です。
    収穫後には、木の植栽が行われ、資源の循環が図られます。この栽培法は、鶴岡市を含め全国でわずかに続けられる無肥料・無農薬の農法です。

    ~おいしい山形推進機構事務局ホームページ「おいしい山形」より一部抜粋~

商品詳細

  • 作り手
    株式会社マルハチ
  • 生産地
    山形県
  • 内容量
    180g
  • 原材料
    あつみかぶ、漬け原材料(砂糖、ぶどう糖果糖液糖、醸造酢、食塩)
  • 保存方法
    冷蔵
  • 賞味期限
    30日
  • その他詳細

生産者紹介

山形県 / 東田川郡庄内町

株式会社マルハチ